私には男子という夫人の坊やが一人ずつ、二

私には男子という夫人の坊やが一人ずつ、二人います。上の子どもはしょうもない間から諳記が短く申し上げるのも早かったですし、幼稚園に入る頃にはひらがなやカタカナは覚えていました。別に私が教えたわけではないのですが、父兄が見ても相当心中がいいのでは?と感じるところがありました。以後、小学生に入ってからも試験の数値は良くて学校に関しまして心配したことはありません。ついむずかしい漢字を読めていたり、仲間上の学年のウイークポイントを解かしても何故か解けてしまうことがあり父兄です私も幾らか驚いています。後でどんなコースに結び付くか分かりませんが、わずか望みはしています。
次女は最も茶目っ気があって癒してくれるカタチだ。可愛い間から着実でたらたらしたバリエーションですが、あんまり怒ったメモリーがないぐらいいい子どもなのです。
あそこの臭いは改善できる
幼稚園の時もインストラクターから「お友達に不快実態や不快ことを言ったことがないのはすごいところです」という褒められました。人の事を酷く言わない、率直な子どもに育ってくれてうれしいです。赤ん坊が家に帰ってくるとうちに花が咲きそろうように明るくさせてくれるカタチだ。